収益率や高収益を考えるなら教育業界をお勧めします。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業立ち上げ > 教育業界の収益率について

教育業界の収益率について

新規事業立ち上げや異業種参入を検討するとき、気になるのがその業界の収益率ですよね。そんななか注目が集まっているのが、ローコストで高い利益を生み出す教育業界です。このページでは、教育業界の収益率について、学習塾運営者の実例を交えながら説明しています。まずは収益率とは一体何なのか、わかりやすく解説していきましょう。

収益率とは?

「収益」とは会社に入ってくるお金のことです。売上のほか、他社からの配当金や本業以外の細かな収入も含まれます。収益から諸費用を差し引いた額が「利益」です。「収益率」とは、資産合計に対しどのくらい利益をあげられたかの割合をさすもの。簡単に言うと、収益が多くても費用がかさめば収益率は低くなります。効率よく利益をあげられているかどうかを示す指標といえるのです。

教育業界が高い収益率を誇るワケは?

教育ビジネスの大きな特徴は運営にかかわる経費が低く利益率が高いことです。大きくかかる固定費は、家賃、人件費。他の業種に比べ顧客一人当りの単価も高いため、一般的には30名ほど、業態によっては10名ほどの顧客を獲得できれば黒字になると言われています。
サービス業なので、仕入れもなく在庫を抱えるリスクもありません。塾業界の傾向として、授業料は現金前納制なので、未回収になることもありません。

物件費や広告費を抑え高い収益率を実現

42歳の頃に学習塾に参入した塾経営者Nさんに実際のところを伺いました。「以前から教育業界に興味があり、一念発起して住宅地のビルの2階で学習塾を始めました。「web教材は講師勤務の心配がないので住宅地でも大丈夫」と加盟本部に言われ、思い切って住宅街で開業。坪単価も安く、いい物件を見つけました。近隣のお子さんが通ってくれるようになり、口コミ効果により生徒も増え、じわりじわりと生徒が増えています。WEB学習は人件費もかからないので、驚異的な収益率を実感しています。」(男性45歳)

低資金で高収益率を生み出す教育ビジネスがオススメ

いかがでしたでしょうか。効率よく利益を獲得するためには、収益を上げるだけでなく、初期投資費用やランニングコストをなるべく低く抑えることが重要であることがわかりますね。ローコストで始められ、設備費や広告費、人件費などが他業種に比べ安価な学習塾経営は、高い収益率を安定して維持できるビジネスといえるでしょう。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.