未経験の業界で新規事業を始めた私の体験談をご紹介します。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業立ち上げ > 未経験からでも始められる学習塾経営

未経験からでも始められる学習塾経営

異業種からの新規参入を考える場合、まったくの素人が本当に事業を成功させることができるのか、不安に思う方も多いでしょう。筆者自身も、37歳の時に経験ゼロから学習塾経営を始めました。このページでは、その時の体験をもとに、未経験からでも参入しやすいビジネスの特徴と、学習塾業界を選んだ理由についてわかりやすく解説しています。

初心者でも始めやすい参入ビジネスの特徴は?

未経験分野への参入を考えるなら、初期投資が低い・資格が必要ないなど、参入障壁の低い分野を狙うことをオススメします。フランチャイズであれば、専門知識がなくても本部にノウハウを提供してもらえるので、その場合はフォロー体制について確認しておくことが大切です。具体的に挙げると、デリバリー業や買取業、訪問介護、ペットシッター業、学習塾経営などが挙げられます。

なぜ学習塾業界を選んだのか?

少子化が進む中、子供の通塾率は増加傾向にあることをご存知ですか? 景気に左右されにくい教育産業の中でも、学習塾はまだまだ成長が見込まれる市場です。資格も必要なく、省スペースで開業できるため初期投資も低め。他業種に比べて顧客単価が高いのも特徴で、会員制・売上前納制で毎月安定した利益が見込めます。堅実な投資回収が期待でき、とにかく低リスクであることが決め手となりました。

青山英語学院に決めたワケ

数ある学習塾の中で、筆者が選んだのが青山英語学院でした。フランチャイズ展開を行っていない個別指導塾で、提供をしているのは教材のみ。といっても研修制度は充実しており、初心者にも安心です。WEB配信で授業を行うため、講師雇用が必要ないことが魅力でした。フランチャイズとの違いは、加盟金やロイヤリティが発生しないこと。また、フランチャイズ特有の制約もなく、自社ブランドを活かしたビジネス展開も可能。他にはない独自のシステムが気に入り、青山英語学院への参入を決めたのです。

未経験で参入を考えるなら低リスク・低コストの学習塾を

未経験から始められる事業は数多くありますが、それぞれの市場性を見極め、参入障壁やサポート体制、収益性などを考慮したうえで選定することが重要です。たくさんの事業を比較検討し、最終的に筆者が選んだのは青山英語学院でした。初心者でも無理なく始められ、低コストで安定した利益を得られる学習塾業界を、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.