経営を始めるにあたり既存の学習塾の特徴を紹介します。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業をするなら学習塾 > 多々ある学習塾の中で経営を始めるならどこがよいか?徹底解明!

多々ある学習塾の中で経営を始めるならどこがよいか?徹底解明!

大手チェーンのフランチャイズ展開により、法人経営の学習塾が増加傾向をたどるなか、どこの塾に参入するべきか迷ってしまう方も多いと思います。筆者自身も経験ゼロから学習塾経営を始めましたが、あまりの数に頭を悩ませました。このページではオススメの学習塾をご紹介しながら、筆者が最終的に青山英語学院に決めた理由について解説しています。

集客力抜群の老舗・明光義塾

全国2000教室を展開し、生徒数約14万人を誇る老舗。1教室当たりの平均生徒数は70名と多めで、獲得生徒数や生徒定着率、教室数はトップクラスです。開業資金は1000万円を超え、安いとはいえませんが、確実な集客が見込めるため、安定収入が得られる塾であるといえます。

家庭教師から参入した新手のトライプラス

「家庭教師のトライ」でも有名なトライプラス。最大の強みは教師の質と抱える教師数の多さです。学校情報や受験情報など地域情報に詳しい教育プランナーが運営戦略を立案してくれるため、加盟者は安心して経営に集中できます。

規模の大きさを生かした城南コベッツ

急速に拡大を進行しつつある城南コベッツ。成績保証制度で注目を集める、城南予備校を母体とした個別指導塾です。加盟金が0円のプランも存在し、ロイヤリティが固定制のため比較的低額で済むのが特徴。近年教室数が増加傾向で、勢いのある塾であるといえます。

低コストで理想の塾経営ができる青山英語学院

独自のWEB教材を提供している個別指導塾で、いわゆるフランチャイズではありません。といっても研修制度は充実しており、ノウハウはしっかりと学ぶことができます。フランチャイズとの最大の違いは加盟金やロイヤリティが一切発生しないこと。またWEB配信で授業を行うため講師が必要なく、低コストで開業することができます。フランチャイズ特有の制約もないため、自社ブランドを活かしたビジネス展開も可能な個別指導塾です。

自由度の高い青山英語学院で低リスク・低コストの運営を

ブランド力、低コスト、独自のカリキュラムなど、学習塾にはそれぞれの強みがあります。筆者が青山英語学院に決めた理由は、自由度の高さでした。年々学習塾市は増加しており、生き残るには他塾との差別化が必要だと筆者は考えます。青山英語学院は、競合の多い学習塾業界で個性的な塾経営を可能にする個別指導塾なのです。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.