講師は教材と同じくらい学習塾運営において重要な部分になります。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業をするなら学習塾 > 一人で学習塾を始めるのは可能なのか

一人で学習塾を始めるのは可能なのか

学習塾の良し悪しを決定づけるのは「講師」と「教材」の二つではないでしょうか。どちらも塾の実績に直接影響しますし、コスト面でも大きく関わってくる要素です。教材選びの重要性については先のページで触れましたが、このページでは、講師のレベルに左右されずに学習塾を運営できる教材の選び方について説明しています。

講師の質を維持する大変さ

生徒の学力を伸ばすために、質の高い講師を採用すること、講師のレベルを維持することは必須です。しかし、これが思いのほか大変なのです。個別指導塾が増える中、塾講師不足は深刻な問題となっています。お金をかけて求人を出しても思い通りの人材が集まるとは限りません。大学生などのアルバイト講師を採用した場合は、講師のレベルアップのために研修や模擬授業などを実施する必要もあります。また、アルバイトのシフト管理などにかかる作業工数もばかにできません。

映像教材なら講師のレベルに左右されない

インターネットの普及により、パソコンやタブレット端末を利用した映像教材が続々と登場しています。そもそも、学習の進度や理解度は一人ひとり違うもの。従来の「教室に机を並べて、みんなで一緒に講義を受ける」というスタイルでは、授業についていけない生徒も出てきてしまいます。その点、映像教材なら理解できない箇所を何度も見返すことができるため、自分のペースで学習を進めることが可能です。また、講師のレベルに左右されず、授業の質を均一に保つことができます。

人件費ゼロで大幅なコスト削減に

映像教材を利用することで、人件費節約にもつながります。講師が対面で授業を行う必要が無いので、最小限の人員で運営が可能ですし、講師が退職するたびにかかる求人広告費もカットできます。映像教材は生徒側、塾側の両方にとってメリットの多い教材なのです。

リスクの多い講師採用型から人件費のかからない映像教材へ

映像教材の中には、実際の講師は一切必要なく、ひとりでも塾を運営していけるものもあります。講師の不足や授業レベルの低下を悩む必要もありませんし、映像教材はインターネットに慣れ親しんだ子世代にとってはむしろ身近な教材といえます。未経験から学習塾へ参入するケースや、低資金で始めたい時などに特にオススメです。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.