教育業界の現状を知り新規事業の準備を整えましょう。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業をするなら学習塾

教育業界でも成長市場である学習塾とその理由

「脱ゆとり教育」「少子高齢化」など、大きな環境変化に伴い変革が求められている教育業界。景気に左右されないと言われている市場ですが、新規参入を検討するなら最近の動向をきちんと把握しておきましょう。このページでは、教育業界の動向と、成長市場として期待されている学習塾業界についてわかりやすく解説しています。

教育市場の動向は?

教育費は家計の中でも優先度が高く、景気の良し悪しにさほど影響を受けません。長引く不況の影響で、ほとんどの業界が大きな苦戦を強いられている中、教育市場の売り上げ推移は右肩上がりもしくは横ばいを続けています。近年では他業界からも様々な企業が新規参入しており、市場はさらなる拡大を続けています。また、少子化による小・中・高校生の人口減少の問題から、個別指導の開発や幼児向け市場など、新たな分野の開拓もさかんです。

参入するなら学習塾業界

少子化を受け、我が子に進学・就職面で苦労をさせたくないという親世代の思いから、通塾率は増加しています。2014年の総務省統計によると日本の学習塾総数は約5万で、10年以上もの間大きな変動はありません。しかしその内訳をみると、個人経営の学習塾は減少し、その代わり法人経営の学習塾が増加傾向に。これは集客力のある大手チェーンがフランチャイズ展開で事業所数(教室数)を伸ばしているためで、個人塾がフランチャイズに加入する事例も増えています。

狙い目は個別指導塾

学習塾の種類には進学塾、総合塾、個別指導塾、集団指導塾などがありますが、いま注目されているのが個別指導塾です。子供1人当たりにかける教育費が増加している今、生徒それぞれの学習ペースに合わせることができる個別指導は、質の高い教育を望む親のニーズにマッチしています。また、他に比べ省スペースでの開業が可能なことから、初期投資を抑えることができ、事業者側から見てもメリットが多いのです。

教育業界へ参入するなら学習塾がオススメ

ここまでご覧いただいて、教育業界の現状が見えてきたのではないでしょうか。教育市場は時代のニーズに合わせて変化し、日々成長しています。その中でも、伸びしろのある事業として注目されているのが学習塾なのです。教育業界での新規参入を考えるなら、学習塾への参入が今もっとも賢い選択といえるのではないでしょうか。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.