加盟金はフランチャイズで独立する上で気になるところ。実際にどれだけかかるものなのかについて解説します。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業とフランチャイズ > 学習塾開業にかかる初期費用はいくらなのか

学習塾開業にかかる初期費用はいくらなのか

学習塾を開業するには物件費や教材費、広告費など、さまざまな初期費用がかかりますよね。金額は個人経営とフランチャイズで大きく変わってきますが、できるだけ低く抑えたいのは皆さん同じだと思います。このページでは、学習塾開業時に必要な初期費用について解説しています。まずは、具体的にどんな費用がかかるのか詳しく説明していきます。

塾開業にかかるおもな費用

まずは教室を借りるための物件費用です。敷金や保証金、前家賃、保険などがこれにあたります。次に、生徒募集費と求人広告費。どちらもある程度人数が集まるまで続けなくてはなりませんし、最低でも100万円は見ておく必要があるでしょう。備品や電子機器、教材を揃えるための費用も必要です。平均300万円ほどかかると言われますが、リサイクルショップなどで調達すればコストダウンも可能です。フランチャイズの場合は、この他に加盟金やロイヤリティが発生します。また備品や教材は、本部の指定品を使用しなくてはならないため割高になることも。

バカにできない人件費

生徒の学力を伸ばすためにも、質の高い講師を確保することは必須です。しかし、お金をかけて求人を出しても思い通りの人材がすぐに集まるとは限りません。講師のレベルアップのために研修や模擬授業を実施する必要もあります。また、実力のある講師にはそれだけ高い賃金を支払わなくてはなりません。駅から遠い塾ではバス代などの交通費で経費がかさんでしまうことも多いようです。

青山英語学院なら人件費0円も可能

そこでオススメなのが、独自のWEB教材を提供している青山英語学院です。映像教材を使用するため、講師が対面で授業を行う必要がなく、人件費がかかりません。求人広告費もカットできますし、雇用に伴うリスクも回避できます。フランチャイズではないため、加盟金やロイヤリティが0円なのもポイントです。

人件費を抑えれば初期投資の大幅コストダウンが可能

いかがでしたか。塾の業績を考えると講師の質は落としたくありませんし、人件費はなかなか悩ましい項目ですね。すぐに生徒が集まるとは限りませんから、開業費用のほかに当面の生活費を残しておく必要もあります。青山英語学院のWEB教材を活用すれば、授業の質を落とすことなく講師人件費を削減できます。初期費用を抑えるには、優先順位を考えながら、WEB教材などを利用して賢く節約していくことが大切ですね。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.