デメリットもある学習塾のフランチャイズですが、具体的な欠点について解説します。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業とフランチャイズ > フランチャイズ学習塾のメリットとデメリット

フランチャイズ学習塾のメリットとデメリット

未経験から学習塾を始めるにあたって、フランチャイズを検討する方が多いと思います。大手チェーンのフランチャイズ展開により、学習塾は増加傾向にあります。個人経営よりも手軽に始められ、人気のあるフランチャイズ学習塾ですが、その詳しい特性をご存知ですか? このページでは、フランチャイズ学習塾の特徴について、メリット・デメリットの両面から説明していきます。

フランチャイズ学習塾のメリットは?

塾開業時にフランチャイズに加盟する最大のメリットは、本部の学習塾の経営ノウハウを学べることでしょう。業界初心者にとってはとても心強いポイントですよね。大手チェーンなどの有名校であれば、そのブランド力も魅力です。また、開業するとなれば物件探しから教室レイアウト、募集広告までパッケージ化されているため、自分で手配する必要がないのも大きいメリットでしょう。

押さえておくべきデメリット

フランチャイズに加盟すれば、加盟金やロイヤリティはもちろん、他にもさまざまな面でコストがかかります。利益が思うように上がらないときでもロイヤリティの支払いは発生するため、経営を圧迫することも。また、教材や宣伝費などは本部を通さず安く済ませたいところですが、本部から指定されることが多く、そうはいきません。様々な制約があり、融通が利きにくいというのもフランチャイズの特徴です。本部のノウハウが全国共通マニュアルであるために、地域密着型の小規模塾にとってはあまり意味がないというケースもあります。

教材提供型なら自由度の高い経営が可能

青山英語学院はフランチャイズ展開を行わず、独自のWEB教材を提供している個別指導塾です。そのため、加盟金やロイヤリティは一切必要ありません。といっても研修制度は充実しており、塾経営のノウハウはしっかりと学ぶことができます。フランチャイズ特有の制約もないので、自社ブランドを活かしたビジネス展開ができるのが特徴です。

フォロー体制もしっかり・自由度の高い青山英語学院がオススメ

フランチャイズ加盟にはメリットもありますが、守らなければならない規約も多いため「自分の思うような塾経営ができない」といった事態にもなりかねません。その点、教材提供のみを行う青山英語学院なら、塾経営のノウハウを得ながらも自由度の高い経営が可能。フランチャイズのメリットのみを得られる、初心者にはうれしい学習塾なのです。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.