利益を一番に考えた時に私がオススメするのは青山英語学院です。その理由について解説をします。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業とフランチャイズ > 低コスト・始めやすさで学習塾を選ぶなら

低コスト・始めやすさで学習塾を選ぶなら

フランチャイズ学習塾の仕組みやメリット、開業費用については、これまでのページで詳しく解説してきました。未経験の場合、決め手になってくるのは「コストの低さ」と「始めやすさ(開業のハードルの低さ)」ではないでしょうか。このページでは、この二つの観点から、どのような学習塾を選べばいいのか具体的に説明していきます。

始めやすさで選ぶなら

いくら資格が不要であるとはいえ、経験ゼロから塾を開業するのは大変です。大手の後ろ盾を得られるフランチャイズは、経営ノウハウはもちろん物件探しから募集広告まで本部が引き受けてくれるため、その手軽さが魅力です。ですから、未経験で始める方はほとんどがフランチャイズを検討するのです。しかし、初心者が事業に参入する場合、初期投資をなるべく低くおさえることは定石です。資金面からも参入を検討する必要があります。

開業資金の低さで選ぶなら

フランチャイズに加盟すると、ロイヤリティや加盟金がかかります。教材や備品も本部指定になるため、個人塾よりも割高になるケースがほとんどです。資金面のみで考えるなら、個人塾の方が確実に低額で開業できますが、未経験となると不安も多いでしょう。フランチャイズと個人塾は互いに一長一短なのです。また、フランチャイズには様々な規約があり、オーナーの独断で独自の経営をすることはできません。ここも大きな違いです。

ではどこを選べばいいのか

フランチャイズではないが、ノウハウや教材は提供してくれるという教材提供型の学習塾があります。独自のWEB教材を提供している青山英語学院です。フォロー体制も充実しており、授業はパソコンで行うため講師雇用の必要がありません。生徒からの質疑応答もWEBが対応してくれるので、未経験のオーナー1人でも塾運営が可能です。フランチャイズではないため加盟金やロイヤリティも0円。自社ブランドを活かしたビジネス展開も可能です。

「コストの低さ」と「始めやすさ」を兼ね備えた青山英語学院

学習塾は誰にでも始められるビジネスです。しかし、教育に携わる仕事ですから、専門知識が必要であったり、常に結果を求められたりと困難なことも多いでしょう。低コスト・低ハードルであることは、低リスクへとつながり、低リスクは運営者の心の余裕へとつながります。フランチャイズでの起業を考えているけれど資金面で不安な方、個人塾を開きたいけれど経営に自信のない方に、ぜひオススメしたいのが青山英語学院なのです。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.