フランチャイズで学習塾を開業する上での特徴について解説します。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

ビジネスハックライフ HOME > 新規事業とフランチャイズ

フランチャイズの仕組みと特性とはなにか

個人での独立や新規事業立ち上げにあたり、一度は検討するのがフランチャイズではないでしょうか。しかし、この「フランチャイズ」という言葉、いざ説明してみてと言われてもはっきりと答えられない方が多いのでは? このページでは、フランチャイズとは何かについて、メリット・デメリットと共にわかりやすく解説していきます。

フランチャイズとは?

フランチャイズに加盟する人や会社が、フランチャイズの本部から「ブランド名」や「経営ノウハウ」をもらい、その対価を支払う仕組みのことを言います。例えばコンビニは、オーナーが本社から「セブンイレブン」や「ローソン」といった店名や人気商品を利用する権利をもらって営業し、売上の一部を本社に支払っています。

フランチャイズに加盟するメリットは?

ではなぜ、対価を支払ってまでフランチャイズに加盟するのでしょうか? その方が、完全な個人商店として開店するよりも、当初から売り上げが見込めるからです。「〇〇商店」という初めて聞く店より、馴染みのある「セブンイレブン」の方がお客さんも足を運びやすいですし、信頼関係も早期に築くことができます。立地選定から運営にいたるまで、ノウハウがパッケージ化されているため、未経験でも明日からオーナーになることができる、というのが最大のメリットでしょう。

デメリットもおさえておこう

先に述べたように、フランチャイズに加盟すると本部に対価(ロイヤリティ)を支払わなくてはなりません。利益が思うように上がらないときでも、支払いは発生するため、経営を圧迫することがあります。また、本部のノウハウを享受するということは、裏返せば自由な経営をなかなかさせてもらえないということ。オリジナル商品の提供や店舗独自の販促は不可の本部がほとんどです。不祥事などで本部のブランドイメージが著しく下がってしまう、というリスクも考えられますね。

フランチャイズの特性を理解したうえで検討を

いかがでしたでしょうか。「誰でもすぐにオーナーになれる方法」、それがフランチャイズという経営手法なのです。フランチャイズという仕組みは、未経験からビジネスを始めるオーナーにとってありがたい制度である一方で、本部のマニュアルに沿った経営をしなければならないため、少々窮屈な面もあります。自分の思い描くビジネススタイルに沿っているかどうか、見極めるのも大切ですね。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.