新規事業や経営多角化をお考えの方に向けたビジネスコラムサイトです。

  • ホーム
  • 新規事業立ち上げ
  • 新規事業をするなら学習塾
  • 新規事業とフランチャイズ
ビジネスハックライフは、新規事業立ち上げや学習塾など新事業全般に役立つビジネスハック情報をお届けします。

新規・異業種参入にオススメの業界とはどこか徹底解明!

ひとくちに新規事業といっても、既存事業の資源やブランドイメージなどを活かし、時代の一歩先を行くビジネス参入を考えることが重要です。このサイトでは、新規事業立ち上げ・経営多角化を検討するうえで、オススメの業界について解説していきます。一体どんな業界、業種が狙い目なのか、様々な業種の特徴を取り上げながら見ていきましょう。

今注目されているのはどんな業界?

新規事業立ち上げにあたり注目されている業界は多々ありますが、その中でもまず挙げられるのが住宅不動産や飲食業などの生活の根幹である衣食住の分野です。また、これからの少子高齢化時代を見据えたシニア向けビジネスや保険業界、教育分野も狙い目。省エネ・エコ推進の流れを受け、リユース業界への人気も高まっています。参入障壁が低く急成長を遂げたWEBサービス分野も、さらなる多様化を見せています。

これから参入すべき業種は?

住宅不動産分野では今、新築よりも中古・リフォーム市場が狙い目。大手メーカーはもちろん、様々な業態の事業者も参入している注目市場です。飲食業界では未開拓のマーケットが多いバル業態や初期投資の少ないケータリングなどが人気。独居の高齢者を対象とした見守りビジネスも成長株でしょう。なかでもオススメなのが教育分野。少子化の今だからこそ成長が見込まれているのが、英会話や個別指導塾など“質の高い教育ビジネス”なのです。

今注目の教育ビジネスとは?

教育ビジネスの大きな利点のひとつとして、景気に左右されにくいことが挙げられます。初期コストが低廉であるという点もポイントです。例えば個別指導塾の場合、大きな設備は必要なく、授業スペースさえあれば開業が可能。立地も繁華街などの一等地である必要はなく、物件にかかる費用を大幅に抑えることができます。開業後のフォロー体制が整っているところも多く、売上前納制なので利益が安定し経営予測を立てやすいのも魅力です。未経験者でも無理なく始められる、今もっとも新規事業立ち上げで勧めしたい業界のひとつといえます。

新規・異業種参入するなら教育業界が断然オススメ

ここまでご覧いただいて、今参入すべき市場の動向が見えてきたのではないでしょうか。少子化を背景に子どもひとりあたりの教育費が増加している今、低リスクで安定した利益を生み出す教育ビジネスはかなり狙い目です。また、ビジネスを通して地域貢献・活性化にも関わることができるのも企業にとっては大きな旨みになるのではないでしょうか。

© ビジネスハックライフ All Rights Reserved.